ポルトガルへ(番外編1)・・・サラマンカSalamancaからビセウViseuへ

ドゥエロ川rio Dueroは、国境を越えてポルトガルに入ると、その名をドウロ川rio Douroと変え、大西洋まで流れる。今回の「Duero川源流からDouro川河口まで下る旅」も、今日からポルトガルである(このブログのタイトルは『スペインのBARがさらにわかる?かもしれないBLOG』なので、いちおう番外編ということで)。

とはいうものの、朝はまだスペインのサラマンカSalamancaにいる。まずはバルBARで朝食を。

120509_100429_salamanca01

ここのパンはなかなか美味しいなぁ、などと考えていたら・・・、あ! そういえば・・・!
・・・すっかり忘れていたが、昨日、今回の旅の初めから借りていたレンタカーを返却したので、今日からは車を運転しなくてもよいのだ。つまりは、朝からビールでも全く問題ない。

ということで、もう一軒。二度目の朝食をとりに再びバルへ。

120509_100429_salamanca02

ついでに、サラマンカの名物、中身がギッシリ入ったオルナソhornazoを。

120509_100429_salamanca03

さらに、チュロスも。朝から食欲全開、である。

120509_100429_salamanca04

ポルトガルへは長距離バスに乗る。市内路線バスでバスターミナルへ行き、ポルトガルまでのチケットを買うと、発車までにはまだ時間があったので、バスターミナルの中のバルへ。

120509_100429_salamanca05

さっそく一杯。それにタパを。

120509_100429_salamanca06

このバル、バスターミナルの中にあるが、バスに乗らない(ただ飲みに来ている)お客さんも多く、結構にぎわっていたが、道理で道理で。タパもなかなか美味しい!

ということで、もう一杯ともう一皿。

120509_100429_salamanca07

そうこうしているうちに、リスボンLisboa行きのバスは発車し、国境手前のバルで休憩。今回の「Duero川源流からDouro川河口まで下る旅」では、スペイン最後のバルである。

120509_100429_salamanca08

スペインのカフェ コン レーチェcafé con lecheも飲み納め。

120509_100429_salamanca09

休憩を終えたリスボン行きのバスは順調に国境を越え、ほぼ定刻にビセウViseuに到着。ここで別のバスに乗り換え、再びドウロ川を目指して北上・・・する前に、乗り換え時間があったので、ポルトガルで一軒目のバルへ。

120509_100429_viseu01

ビセウは、ポルトガル有数のワイン産地ダォンDâo(ダン、ダオン)の中心にある街だ。さっそく赤を一杯頼むと、小さめのグラスにナミナミと注いで出してくれた。

120509_100429_viseu02

このナミナミ注ぎ、かつてはスペインのバルでもほとんどがそうであったが、現在では、ワイン産地のバルを中心に、スペインでは大きめのグラスに適量を注ぐ店が多くなったと思う(その方がワインの味や香りを愉しみやすい)。が、なんだか懐かしい気分になって、とりあえずオツマミも。

120509_100429_viseu03

120509_100429_viseu04

満足したところで、バスに乗り、ドウロ川との再会を目指して北上。車窓に流れる風景も、すっかりポルトガルらしくなってきた。

120509_100429_viseu05

テーマ : スペイン
ジャンル : 海外情報

サラマンカSalamanca・・・バルはもちろんスペインで一番美しい広場にも

ドゥエロ川rio Dueroからは少しはずれるが、今回借りたレンタカーは国境を越えての使用が禁止されていたため、車を返却するためにレンタカーの営業所があるサラマンカSalamancaに寄った。
サラマンカといえば、広場である。スペインの街町には、だいたいその中心に「プラッサ マジョールPlaza Mayor」(メインの広場、といった意)と名のつく広場があるが、手元のガイドブックによれば、何でもサラマンカの広場は「スペイン随一の建築美を誇る」そうである。ちなみに、同ガイドブックによると、田舎で一番美しいのはアルマグロAlmagroの広場なのだそうだ(アルマグロの広場はこちらを)。

120411_100428_Salamanca01

で、この美しい広場にも、当然ながらバルBARがあってテラス席が並ぶ。たとえ他の地区よりも多少値段が高めだとしても、この空間と時間を愉しむのは、広場にあるバルの魅力の一つだ。

120411_100428_Salamanca02

そして夜になって闇夜に包まれれば、もちろんライトアップされるのであるが、昼間の明るい時間とは違った、これまたとても美しい表情を見せてくれる。

120411_100428_Salamanca03

今回の「Duero川源流からDouro川河口まで下る旅」は、小さな町やワイナリー、ブドウ畑を訪ねることが多かったので、サラマンカは久しぶりの大都市である。というわけで、あちらこちらのバルをまわって、タパもあれこれ楽しんだので、ダダーッとにアップします。

120411_100428_Salamanca04

120411_100428_Salamanca05

120411_100428_Salamanca06

120411_100428_Salamanca07

120411_100428_Salamanca08

120411_100428_Salamanca09

120411_100428_Salamanca10

120411_100428_Salamanca11

120411_100428_Salamanca12

120411_100428_Salamanca13

120411_100428_Salamanca14

***********

先月(2012年3月)上旬に約2週間の「スペイン、バルバルバルの飲み倒れ地中海行」から帰国して、年度末のバタバタが続き、ブログ更新が1ヶ月ほど途絶えてしまいました・・・。最低でも月に1回は!のハズでしたが・・・。今回のブログ、いつもよりやや手抜きな感じですが、寄り道に免じてご容赦を。というわけで(どういうわけで?)、次回は番外編、「Duero川源流からDouro川河口まで下る旅」のポルトガル編をアップ予定です。

テーマ : スペイン
ジャンル : 海外情報

アリベスArribesのボデガ(ワイナリー)・・・圧倒されるブドウの樹と風景

今回の「Duero川源流からDouro川河口まで下る旅」で、スペイン最後の目的地となるのがアリベスArribesだ。サモラZamoraを出て、なだらかな丘陵が広がる中を、しばらくは車を西へと走らせる。

120216_100428_Arribes01

アリベス地方D.O. Arribesは、ポルトガルに隣接するワイン産地で、この地域ではドゥエロ川rio Dueroがスペインとポルトガルの国境にもなっている(地図は<こちら>をご覧ください)。そして、日本ではそれほど知られていないが、かなり興味深いワインを産する地域ではないか、と私は思う。緑の丘を抜け、ブドウ畑が広がるようになると、馬で畑を耕す老夫婦(かな?)が目に入ってきた。こういう光景を目にすると、ワインは人が畑を耕してつくる農産物であり、最後の一滴まで楽しませてもらおう、という想いになる。

120216_100428_Arribes02

スペインは、特に近年、道路やサインがとてもよく整備されていて、車を運転しやすい国だと思うが、この辺りはスペインでも有数の“田舎”のようで看板が少々見づらく、普段あまり道に迷うことのない私であったが、花畑の中を行ったり来たりとしばし彷徨った。

120216_100428_Arribes03

で、約束の時間には大遅刻して、こちらが本日訪問させていただくボデガbodega(ワイナリー)である。私はここのワインがとても好きで、日本でもよく飲ませてもらっているが、こんな小さなボデガでつくられているのかと、とても驚かされた。

120216_100428_Arribes04

まずは畑を見学。ブドウ品種はフアン ガルシアJuan Garcíaである。大地から太い幹を出す高樹齢のブドウの樹々には力強さを感じる。この畑も傾斜がある上に樹間が狭く、機械は入れられないそうだ。

120216_100428_Arribes05

畑の裏手の丘に登ると、ドゥエロ川が渓谷となって広がっていた。対岸はポルトガルで、丘の上にはブドウ畑も望める。おそらくはポートワイン用?

120216_100428_Arribes06

ブドウの樹と、そして辺りの風景の迫力にただただ圧倒されつつ、次はボデガに戻って中を案内していただく。

120216_100428_Arribes07

120216_100428_Arribes08

そして、試飲。いや、日本で飲んでいたワインももちろん魅力的なのだが、輸入されていない熟成期間の長いもの、そしてブドウ品種ブルニャルBruñalのワインが、これまた最高! 生ハムとチーズを出していただいたが、その美味なツマミに手をつけるのを忘れてワインに夢中になった・・・。

120216_100428_Arribes09

いや、美味しかった・・・。ワイナリー訪問であったが、心からワインを楽しんで、そしてちょっと酔った、かなぁ・・・。
アリベス、また機会をつくってぜひとも再訪したい土地である・・・「Duero川源流からDouro川河口まで下る旅」は回想で書いているので、このところ同じオチが多くてスミマセン・・・。

追記:
出していただいた生ハムとチーズは、帰路の運転のために残念ながらこの素晴らしいワインを飲めない同行フォトグラファーの保苅氏が見事に完食してくれました。

テーマ : スペイン
ジャンル : 海外情報

サモラZamora・・・心躍る空気の流れる街

ドゥエロ川rio Dueroを望む丘に旧市街を持つサモラZamoraは、ドゥエロ川流域でスペイン最後の大きな街である。大きな、といっても人口約6万人の小さな街で、川にそって50kmも進めば、そこはもうポルトガルとの国境だ。今日でも旧市街を囲む城壁が一部に残り、カテドラル(大聖堂)や教会などの建築が美しい街であるが、不思議なことに、歴史が持つ重々しさよりも、どこか軽快で明るい雰囲気を全身で感じる。

120130_100427_Zamora01

その雰囲気を生み出しているのは、色鮮やかな建物も一因かと思うが、街の人々の表情からも明るさが伝わってくる。広場で遊ぶ子どもたちや、バルのテラスで夕刻を過ごす人々の表情がいつも以上に楽しげだ。

120130_100427_Zamora02

そして、街を流れる空気に呼応したかのように、ドゥエロ川の流れもまた、とても穏やかだ。

120130_100427_Zamora03

さて、バルBARである。このバルのタパスには、モツの煮込み各種が揃う。

120130_100427_Zamora04

・・・ん? でも確かこのバルに行く前に、4~5軒に行ったハズだ・・・。が・・・、しかし・・・、写真がない・・・。

サモラを訪ねたのは2010年4月のこと。そして、この文章を書いているのは、2012年1月である。サモラの街の心地よい空気感に誘われて、バルからバルへと杯を楽しんだ覚えがある。それも、私の好きなルエダ地方D.O.Rueda産のベルデホVerdejo(ブドウ品種)の白ワインを中心に。

ナゼ???と思い返して、次第に記憶が戻ってきた。そう、この旅に同行して写真を撮ってくれたフォトグラファーの保苅氏は、街と川の美しい風景に魅かれて、夕景を撮影しに行ったのである。その一枚がコチラ。

120130_100427_Zamora05

で、私はといえば、その間バルを巡り、ワインとともに街の空気にすっかり酔いしれ、タパスの写真を撮るのを忘れた、のでした。唯一あった写真はコレ。生ハムのオリーブオイル煮???

120130_100427_Zamora06

と、自分で記録を撮るのをサボリ気味な昨今をちょっと反省。次回のバルを巡る旅では、久しぶりに、少しは写真も撮ろうかなぁと思案中デス。

テーマ : スペイン
ジャンル : 海外情報

トロToro・・・トロはやっぱりトロ揃い

先回はトロ地方D.O.Toroのボデガに触れたが、今回はトロToroの街である。
ルエダのボデガの取材を終えて、トロの街に着いたのは2時半頃。ちょうど昼休みが終わろうとしている時間で、すでに街に人影は少なかったが、お腹も空いていたので、いつもの勘を動員して、よさげなバルBARを探した。

120103_100427_Toro01

で、バルに入ると早速、トロ地方D.O.Toroの赤ワインを1杯。一緒にピンチョも。

120103_100427_Toro02

120103_100427_Toro03

加えて、肉の煮込み料理も追加で注文。

120103_100427_Toro04

お腹も落ち着いて一息、視線をカウンターから上の棚に移すと、あれこれと並ぶボトルが目に入る。ワインはほとんどがトロ地方のもだ。

120103_100427_Toro05

そして、このバルでは、ワインをグラスでもいろいろと選ぶことができる。ホーベンjoven(樽熟成ナシ)、ローブレroble(ちょい樽熟成)、クリアンサcrianza(樽6ヶ月以上、合計24ヶ月以上熟成)がそれぞれ5品ずつ、全15種類が揃う充実ぶりだ。

120103_100427_Toro06

これは片っ端から飲んで・・・といきたいところであるが、午後はまたワイナリーの取材である。残念。
後ろ髪を惹かれながらもバルを後にして、街の見晴台に登った私に、そんな気分を察してか、トロの街は素晴らしい風景を用意してくれた。そこには、ドゥエロ川rio Dueroや周辺の畑々が輝く陽光に照らされて広がっていたのだ。

120103_100427_Toro07

今回は日程の都合で宿泊できなかったトロ。いつの日かこの街を再訪して、バルでゆっくりトロ三昧といきたい。

テーマ : スペイン
ジャンル : 海外情報

ワンテーマ指さし会話「スペイン×バル」
スペインのBARについての基本的な内容とあわせ、バルやタパスのカラー写真を多数掲載。また、スペイン各地のおおよその地方の特色をまとめた2冊目の自著です。実際にスペインに行ってバルで使える「指さし」ページもあります。
スペインのBARがわかる本
スペインのBARに魅せられ、BARがスペインで最も魅力ある文化の一つだと信じて疑わない私が、朝から晩までBARに入り浸り、飲んでは尋ね、食べては調べ、観ては考えた記録です。
プロフィール

spainbar.com

Author:spainbar.com
このBLOGでは、スペインのBARバルに魅せられ、バルがスペインで最も魅力ある文化の一つだと信じて疑わない私が、またまたスペイン各地のバルを巡り、飲んでは尋ね、食べては調べ、観ては考えたバルやスペインの街・食文化を中心に、日本での出来事や取組みとあわせて、様々な情報や考察を掲載していく予定です。

リンク
カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
月別アーカイブ
お役立ちリンク広告その1
●ワインショップ
スペインは激安旨宝庫? スペインワインはサイト左下の「スペインは激安旨宝庫」のボタンから。
最近のコメント
最近のトラックバック
twitter
お役立ちリンク広告その2
●旅行で使える「指さし会話帳」
写真と日本語・外国語の併記が便利な「指さし会話帳」。自著「ワンテーマ指さし会話 スペイン×バル」もあります。
●しまうまプリント
フォトブックが1冊198円~。旅の思い出にいいですね。
●デジカメ写真プリント
写真プリントが1枚5円~。50枚以上で送料無料。フォトブックは440円~、ポストカードもOK。
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる