2008年、スペイン北部のBARバルを巡る旅

2008年4月、バルセロナを出て、スペイン北部カンタブリア海周辺の、ラ リオハ、ナバラ、バスク(エウスカディ)、カンタブリア、アストゥリアス、ガリシアの各地方のBARバルを巡る旅に出た。
訪問したのは、ログローニョから、パンプローナ(イルニェア)、サン セバスチャン(ドノスティア)、ビルバオ(ビルボ)、サンタンデル、リャネス、アレーナス デ カブラレス、オビエド、レオン、クディジェロ、ルアルカ、リバデオ、ルーゴ、オレンセ(オウレンセ)、リバダビア、ビーゴ、ポンテベドラ、カンバドス、サンチャゴ デ コンポステーラを経て、ラ コルーニャ(ア コルーニャ)に至る町街である。

004_2008norte_map


今回の旅の目的は、スペインのBARバルの地方色や多様性を知ること、あるいはBARに行くだけでもスペインの(食文化の)豊かな風土性を楽しめるかを確かめること、である。これは、自著“スペインのBARがわかる本”執筆の基となるグラナダ滞在時から抱いていた、スペイン各地の地方のBARを訪ねて歩きたいという考えの一端だ。だから期間中は、ただ街をフラフラ歩いてBARに行くだけで大半の時間を過ごし、飲食は朝から晩まで全てBARで行った。
旅の道中、それぞれの街に着くと観光案内所に行き、その街の地図をもらって経済的な宿を教えてもらうと同時に、“BARが多数あってタパスを楽しめる通りや地区”を訊ねた。名所・旧跡の案内もそこそこにそんなことを訊いてまわったものの、どの街に行っても、笑顔で、そして熱心にその場所を教えてくれた。いきなりBARについて尋ねる東洋人が可笑しかったのかもしれないが、あるいは、BARもその街で暮らす人にとって地域の誇りの一つなのかもしれないなぁ、と思うのである。

テーマ : スペイン
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

ワンテーマ指さし会話「スペイン×バル」
スペインのBARについての基本的な内容とあわせ、バルやタパスのカラー写真を多数掲載。また、スペイン各地のおおよその地方の特色をまとめた2冊目の自著です。実際にスペインに行ってバルで使える「指さし」ページもあります。
スペインのBARがわかる本
スペインのBARに魅せられ、BARがスペインで最も魅力ある文化の一つだと信じて疑わない私が、朝から晩までBARに入り浸り、飲んでは尋ね、食べては調べ、観ては考えた記録です。
プロフィール

spainbar.com

Author:spainbar.com
このBLOGでは、スペインのBARバルに魅せられ、バルがスペインで最も魅力ある文化の一つだと信じて疑わない私が、またまたスペイン各地のバルを巡り、飲んでは尋ね、食べては調べ、観ては考えたバルやスペインの街・食文化を中心に、日本での出来事や取組みとあわせて、様々な情報や考察を掲載していく予定です。

リンク
カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
月別アーカイブ
お役立ちリンク広告その1
●ワインショップ
スペインは激安旨宝庫? スペインワインはサイト左下の「スペインは激安旨宝庫」のボタンから。
最近のコメント
最近のトラックバック
twitter
お役立ちリンク広告その2
●旅行で使える「指さし会話帳」
写真と日本語・外国語の併記が便利な「指さし会話帳」。自著「ワンテーマ指さし会話 スペイン×バル」もあります。
●しまうまプリント
フォトブックが1冊198円~。旅の思い出にいいですね。
●デジカメ写真プリント
写真プリントが1枚5円~。50枚以上で送料無料。フォトブックは440円~、ポストカードもOK。
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる